ロケーションAR開発テンプレート

開発テンプレート画面

(スプレッドシート型)


特別な開発技術が不要で、非対面、リモート開発を可能にします


ロケーションARの開発は難易度の高い技術です。

当社はオーストリアのWikitudeを採用しています。(2019年5月に正式ライセンサーになっています)。日本でARは揺籃期です。アメリカではロケーションARが管工業用、マーカーレスARが製造業用に急速に普及が進んでいます。

その理由はスーパープログラマーの差です。ARは、Wikitudeの高度なAR技術の理解、データベース管理技術の理解、AI技術の理解、クラウド技術の理解を一人のスーパープログラマーが持っています。この人材が日本では圧倒的に不足しています。また、開発環境はオフィスに集まって会議して、設計して、開発して、検証するという集団開発が主流です。

この問題を解決するには、AR開発を誰でもできるテンプレートをクラウド環境で開発することです。

画像に示したスプレッドシート型のデータ入力シートが当社が開発した「開発テンプレート」です。クラウドサービスで提供されます。

開発プログラマーは、必要データ(緯度、経度、高度、リンクするURL)を入力または張り付けるだけで、瞬時にアプリケーションが完成し、エアータグがユーザーのスマホの空中に表示されます。

普通のプログラマーで開発でき、しかもクラウドでリモート開発が可能になります。在宅、非対面で開発を可能にします。



ライセンス価格:一括払450万円(開発テンプレート搭載のPC1台1年レンタル料金含む)、開発ユーザー数制限50、追加ユーザーは1件3万円。2年目から月1万円の維持料金と1千円のPCレンタル料金がかかります。クラウドサービスでお届けします。開発の基礎ソフトはWikitude9.0を使用します。データベース管理ソフトはAWSを使用します。エアータグ2D画像編集のため「PhotPad写真編集ソフト」を使用します。テレワークのために「Slack」を使用します。ECサイトを作成する場合は「Stripe」を使用します。サポートOS: Android、iOS  サービス範囲は、日本、香港(計画中)、フランス(計画中) 


開発の仕組み比較


Wikitude Nativeの場合、画像、データをWikitudeの中にプログラミングしてゆく必要があります。このため、開発プログラマーは同一場所でサーバー内にインストールされたWikitudeに対してプログラミングをしてゆきます。

一方で、開発テンプレートの場合は、事前に準備された外部データベースに、そのプロジェクト用に準備されクラウドで提供されるテンプレートに、画像データを張り付け、緯度、経度、高度、リンクするURL、を打ちこむだけで後は自動的にWikitude内にデータが入力されて瞬時にエアータグが作成され、スマホ画面内の空中にエアータグとして表示されます。

普通のプログラマーでも、開発経験のないユーザー自身でも簡単に、非対面で、リモート開発ができます。技術的に難しいロケーションARアプリケーション開発の生産性を高める画期的な開発ツールです。


画像2Dデザイン機能

エアータグ画像の作成や編集に使用するためPhotoPad画像編集ソフトを使用します。費用は一時費用のみでライセンス料金に含まれています。2年目以降は発生しません。


テレワークの機能

テレワーク機能に葉「Slack」を使用します。「Slack」は開発チーム15名までが1チームとなり、コミュニケーションを通話とビデオで行います。1対1で行うことを基本にしています。この場合は無料ですが、15名で行う場合は月額料金が発生します。ただし、この費用はライセンス料金に含まれています。2年目からは年間維持料金に含まれています。