Courtier Company Brochure

クールチエール株式会社 カタログ


AR(Augmented Reality:拡張現実)の世界は情報媒体の革新をもたらします。Location ARの開発方針を発表しました。(3月10日2019年発表)

Location ARの開発方針を発表しました。製品化は12月10日2019年を予定しています。

当社はMarker ARで2年間の実績を積みました。Location ARは未知の新分野ですが、3月に基礎ツールとして、オーストリアのWikitude SDKやアメリカのGoogle Map APIや日本の技術を含め数社の技術の比較検討を始めました。5月には開発研究を開始、6月末から試作品開発にかかります。CMSはドイツのJimdo、イスラエルのWixをすでに採用しており、決済システムはアメリカのStripeを採用しています。すべて2か国語で作成し、クラウドサービスで提供します。

Location ARの採用で商業サービスの革新を図ります。



クレジットカード決済でOn Line Shopping機能と、翻訳、2か国語Website作製、限定AR機能をAll in One で開発、Courtier Marketing Tool 3として Cloud Serviceで提供(2018年11月発表)


AR特集、街中いたるところにAR

看板からカタログ、新聞まで(11月25日2018年発刊最新版)

 



AR特集記事

 

2017年9月版(V.2)                      Photo: Yoichi Yabe



2か国語ホームページ、ウェブマガジン特集記事

360度カメラ記事

2016年10月版(V.1)      Photo:Yoichi Yabe